あなたは大丈夫?せどりの確定申告で知っておくべきレシートの重要性

え?本当?せどりで確定申告する際にレシートが無いと申告できない?

okaikei

 

 レシートって現金と同じくらいの価値があるって知っていましたか?

 

 

レシートが現金と同じくらいの価値って
どういうことですか?
サラリーマンの時はレシートなんて
家計簿くらいにしか使う機会が無かったと思います。

だから必要が無くなったらレシートって
すぐ捨ててしまってましたよね。

 

でも、せどりに限らず事業主や企業にとってレシートは現金と同じくらいの価値があります。

 

なぜこれだけレシートに価値があるのか?

また、レシートが無いと確定申告はできないのか?

お話していこうと思います。

 

 

 

なぜレシートに価値があるのか?

 

では、まずなぜレシートになぜこれだけ価値があるのかお話します。

ここで一つ質問です。

 

faq

 

 

 レシートってどういうときにもらいますか?

単純ですよね(笑

 

 

何かを買ってお金を支払ったときです。

(現金だけでなくクレジットや金券も含みます)

 

 

これが単に生活に必要なものや趣味で買ったものであればレシートに何の価値もありません。

 

でも、支払ったものがせどりなど事業で必要なもの。

例えば、せどりで言えば、仕入れの際のレシートや梱包商材を買うためにもらったレシート。

こういった場合は、レシートは現金と同じ価値を持ちます。

 

 

なぜかというと、そのレシートがせどりで必要なものに支払った証明になるからです。

 

 

せどりの仕入れで使ったのであれば、もちろん経費になります。

でも、レシートが無ければ厳密に言えば、あなたが支払った証明にはならないのです。

 

 

税務署としても支払った証明が無ければそれを経費と認めることもできませんよね。

もし、何の証明をできなくても経費として認められるのであれば、

何とでも言えることになってしまいます。

 

 

もちろん。そのレシートの中身が経費として認められるかどうかはまた別の話です。

 

例えば、せどりの仕入れに行く際に決まった服装があって、ジャージだったとします。

『仕入れに行く際は、ジャージで仕入れに行っているので経費として認めてください』

 

zyazi

 

あんまり考えられない例ですが(笑

こういった主張をしたとしても、税務署がそれを経費として認めるかどうかはまた別の話です。

(おそらく、ぼくは無理だと思いますよ笑)

 

 

でも、その前提条件として、

せどりで必要なものとして払ったというレシートは大事なものになります。

これが無いと、支払ったという証明ができませんからね。

 

経費として認められるかどうかは、レシートがあってからの話なのです。

 

 

せどりで必要な経費として認められれば、売り上げからその金額を引けます。

すると、その分だけ税金を減らす事ができるわけです。

 

だから、せどりに限らず、個人事業主や法人であっても、

レシートは「現金」と同じくらい大事なものになります。

 

レシートはせどりのために支払ったという証明になって、自分を守るものにもなるわけです。

なのでレシートはきちんと、とっておくようにしておいてくださいね。

 

 

レシートが無いと証明にならないの?

 

せどりで確定申告をする際の レシートの重要性は理解されたと思います。

でもこういう方もいると思います。

 

レシートなんてすでに捨ててしまいました。
どうにかならない?
でも、そ世の中にはこういう話があります。

レシートがそもそも出ない・・・
ネットショッピングやオークションで仕入れた商品。

他にも、電車賃などはレシートが出ないので証明できないよね?

 

レシートが無いからと言って証明できないわけではありません。

ここからは、レシートの代わりとなって支払ったと認められるものについて説明します。

 

クレジットの明細書

 

実はクレジットの明細書も立派なレシートの代わりになります。

だって、金額とか支払い先が明記されていますからね。

 

kurezito

 

要は、いつ何にいくら支払ったというのが客観的にみて分かればいいわけです。

クレジットの明細書でもレシートの代用はできます。

 

 

でも、クレジットカード会社によっては、半年しか明細が見られなかったり、

紙でしか送ってこないところもあるので注意してください。

 

 

ぼくのオススメする楽天カードであれば、1年以上さかのぼって、

クレジットの明細がWEBで見れますので便利です。

 

 

また、クレジット初心者の方でも安心の年会費無料のカードです。

カードの使用があると速報メールでお知らせしてくれる機能もあって、

ぼくも実際に使っていますが、誰にでも便利でオススメできますね。

 

アマゾンや楽天の購入明細書

 

ネットショッピングって基本レシート出ないですよね。

丁寧なショップだと購入明細書を送付してくれる場合もありますが、

最近は経費削減のためか購入明細書を送付しないショップも増えています。

 

せどりの梱包商材なんてその辺のホームセンターで売っていないものも多いですから、

レシートが無いと困りますよね。

 

 

こういう場合は購入履歴から証明できます。

 

先ほども言いましたが、いつ何にいくら支払ったというのが客観的にみて分かればいいわけです。

 

購入履歴のリンクは以下に貼っておきます。

トップページから購入履歴にいけます。

それぞれログイン画面になりますのでログインしてください。

 

 

 楽天の場合。

右上に購入履歴があるのでログインしてみてください。

 

rakutenrireki

 

 楽天のリンクは以下からどうぞ。

 

 

 アマゾンの場合。

検索までの右側にアカウントサービス→注文履歴でログインしてみてください。

 

amazonrireki

 

 アマゾンのリンクは以下からどうぞ。

 

 

銀行口座

 

銀行口座でも支払いの証明にすることはできます。

 

bank

 

 

口座引き落としで払ったなどであれば、支払いの証明は通帳しかできないし、

もし、オンラインバンクを使用しているのであれば、入出金明細をキャプチャすればOKです。

 

ここでも大事なのは、いつ何にいくら支払ったというのが客観的にみて分かればいいわけです。

 

 

電子マネー

 

例えば、電車を使ってブックオフに仕入れに行った場合。

こういうときも領収書なんて出ないですよね。

 

osaifu

 

この場合はSuicaなどの電子マネーの履歴で支払いを証明すればいいわけです。

この他にもいろいろありますが・・・

 

 

共通して言えるのは、、いつ何にいくら支払ったというのが客観的にみて分かるということです。

 

このように、レシートが無くても様々な方法で

せどりに必要であったという支払いの証明ができます。

 

 

レシートが無くても確定申告はできる

 

実は、確定申告の際レシートは必要ありません。

提出するのは税務署が指定した確定申告書や白色申告であれば収支内訳書のみです。

 

zeimusyo

 

税務署もいちいちレシートを一つ一つチェックしてみるわけにもいかないのです。

もちろん。職員さんに相談しながら申告書を作成する際はレシートがあった方が

より正確な申告書が作成できると思います。

 

でも、最終的にレシートは提出はしません。

なので、数字さえ押さえていれば申告書の作成ができますし、

提出もできます。

 

じゃあどんな時に必要になるのか?

それは税務調査の時です。

税務調査の際に、経費の証明としてレシートや支払った証明が必要になるのです。

 

もし、ここで証明できなければ架空のものとみなされて追徴課税・・・

なんてこともあります。

 

そうなると、本来の税金に加えて加算税や延滞税が発生して

余計なお金を払わなくてはならなくなります。

 

今は国税の話をしていますが、地方税についても同じです。

保育料や国民健康保険税など収入に応じて納めるお金が間違っていたのですから、

余計なお金を払わなくてはなりません。

 

それだけレシートなどの支払った証明は大事になります。

もちろん。その支払いが経費にあたるかどうかは調査の際に問題になります。

でも、そもそもレシートなどで支払ったという証明すらできなければ経費にならないのです。

 

まとめ

 

自分の身を守るためにもレシートはとっておきましょう。

レシート以外で必要な時はコピーするなり、キャプチャするなりして、

いつどこで何を購入したのかを証明できるようにしておいてください。

 

そして、ぼくのオススメは月ごとに分けておくことです。

エクセルなどを使ってみてもいいと思います。

 

そうすることで確定申告の作成自体も楽になります。

 

 

これだけ大事なレシートなんですが欠点があります。

それは、レシートの印字が消えてしまうことがあること。

年月が経過するとレシートの印字が不鮮明になってしまい証明ができない・・・

 

結構こういうことがあります。

 

きちんとレシートを保管して確定申告しても、いざ税務調査の時。

レシートの印字が薄れて消えてしまい証明ができないのでは悲しいですよね。

 

 

そこでぼくが使っているものを紹介します。

 

scansnap

 

これがあることでレシートから印字が消える恐怖から解放されています(笑

 

どういうことかというと、レシートを読み取ってデジタル化しているってことです。

デジタル化すれば、画像データーとして保存されるので、もう心配がいらないわけです。

なおかつクラウド上に保存すればPCが壊れても大丈夫です。

 

 

文章で書いても分かりにくいと思うので動画を紹介しますね。

 

 

どうです。かなり便利でしょ?

機種は違いますが、これがあれば大量のレシートも素早くデジタル化できます。

 

 

ぼくが使っているものより安価で持ち運びできるものがあるので紹介しますね。

軽くてどこでも持って行けるので便利ですよ。

 

 

 

 

ぼくが使用しているものは少し高いですが、今回勉強したように経費にできるので、

どうせ使うならこちらをオススメします。

価格.comなどでも人気の商品です。

 

 

 

 

レシートをデジタル化して経費としての証拠を残していきましょう。

確定申告のレシートは原則として7年間。一部のものは5年間です。

 

 

そのまま保存しておくとかさばりますし、印字も消えて不安になります。

デジタル化しておけば安心ですね。自分の身は自分で守りましょう。

 

 

税金は最低限知っておかないと損をしてしまう!

 

今回の記事を読んで税金は知っておかないと大きな損をしてしまうことが

分かったと思います。

 

sedoritokka

 

あなたは確定申告書を自分で作れますか?

もしくは、税金の知識を少しでも知って節税ができていますか?

 

もしできていないのであれば、以下の記事を参考にされてください。

一般に売られている書籍には書けないことが話されています。

 

 

 

lp01


せどりで稼ぐための3つのオススメ教材

せどり初心者の道標
せどりでまず月10万円稼ぐならこれ!初心者必須の知識をまとめました。
せどりネクステ
せどり初心者を脱するにはこれ!ゲームで目指すネクストステージ!
税弱脱出プログラム
初心者にも中級者以上にもオススメ!税金の知識を学んでせどりの利益率改善!