半沢直樹を見て近藤さんに共感した件

半沢直樹を見てある人物に共感してしまった・・・

 

 

こんばんは。久べえです。

天気が変わりやすく・・・
最近、暑いかと思ったら、急に寒くなったり、

寒いかと思ったら、暑くなったり・・・

寒暖の差が激しいですね。

 

 

久べえは季節の変わり目は極端に弱いのですが、

 案の定、体調を崩し、家で横になっていました。

 

 

普通に横になっているだけではもったいないので、

今さらですが・・・レコーダーに録りためしていた、

話題の半沢直樹を見ていました。

 

 

hanzawa

 

 

これかなり話題になっていて、久べえの友人からも、

 『おもしろいよ。ぜひ見てみて』という感想をもらっていたのですが・・・

 

 

久べえは、1週ごとに見て、次が気になって気になってしまうタイプなので、

 敢えて、見ないようにしています(笑

 

 

そして、全話放送が終わってから、全話を2倍とか1.3倍速にして、

 一気に見ます。

 

 

その方が、時間効率がいいし、何よりそのドラマに入り込めますからね。

 

 

 話を戻して、半沢直樹。

今、第5話目まで見ました。ちょうど大阪編が終わったところです。

 

 

これは・・・
おもしろいですね。

くそ上司め、覚えていやがれ!

 

 

hanzawa1

 

 

 これにはめちゃくちゃ共感してしまった(笑

久べえのサラリーマン時代を思い出していました。

 

 

 こういう上司に、すぱっと言いたい事を言う半沢直樹の姿勢に、

 うらやましさと、久べえも言ってやりたかったなぁと思いながら見ていました。

 

 

久べえも同じような職場にいましたので。

 

 

 『部下の手柄は上司の物。上司の失敗は部下の責任。』

これ、そのまんま久べえの職場に当てはまりましたね。

 

 

ほんとこんな職場でした。

 半沢直樹の勤める銀行は一度でも失敗したら、片道切符の出向をさせられます。

 

 

この辺も似ているなぁと思ってみていました。

 

 

久べえのところも、競争ばかりで、

 上司が白い物を黒と言えば黒。

 

 

黒い物でも白と言えば白と言わなければなりませんでしたね。

派閥の争いもありましたし。

 

 

つまり・・・

 上司の言う事は絶対!

 

 

失敗も許されないし逆らうことなど決して許されない職場でした。

 

 

週に平均して3回くらい飲み会がありましたし。

あ、飲み会なんてうらやましいとか思いました?

 

 

久べえの職場の飲み会は、

例えば、サラダとかくるじゃないですか?

 

 

そしたら、すぐに1番偉い人から順番に、サラダを取り分けてあげなければなりません。

他にもやきとりの串とか来たら、串から外してあげて、上司に勧めなければいけません。

 

 

もちろん。上司のグラスが空いたら、すぐに飲み物を勧めないといけないし、

ビールを注ぐときも、瓶の向きに注意して注がなければならないし。

 

 

上司が楽しそうにしていなかったら、楽しくするために、

話題を振ってあげるか、何か芸をして楽しませなければいけません。

 

 

とにかく飲み会を楽しむ時間など皆無です。

常に気を遣い続けなければいけませんでした。

 

 

それでいて、上司がおごるわけではなく、

普通に割り勘で、飲み会で食べることも飲むこともろくにできず、

ただ気を遣い続けてお金だけ払っていました。

 

 

その飲み会で気を遣うだけならまだしも、

仕事の事や、プライベートのことなどでパワハラは普通にあったと思います。

 

 

それでも、誰もそのことを注意するわけではなく、

1番偉い人には誰にも逆らわず、見て見ぬふりをしていました。

 

 

残業もない早く帰れそうな時でも、飲み会に駆り出され、

 意味もなく二次会まであって、それが終わってからようやくご飯を食べれていました。

 

 

 帰るときは、いつも午前様・・・

 

 

そんな職場でしたね。

 

 

それで翌日は、おごってももらっていないのに、

偉い人に『昨日はありがとうございました』って挨拶回りです。

 

 

まぁ、あり得ない職場でしたね。

あ~書いていたら胸くそ悪くなってしまった。

 

 

話を、半沢直樹に戻しますね。

登場人物でもっとも共感した人がいます。

 

 

 それは、半沢の同期、近藤さんです。

 

 

すごく仕事ができて、逆にそれが上司に疎まれて、

その当時勤めていた、秋葉原支店の時に、

 ノルマ達成の極度のストレスを与え続けられた結果、

統合失調症を患ってしまいます。

 

 

ドラマでは、小木曽の机をドンドンと叩くところが印象的でしたし、

久べえも同じような経験があるので、いろいろ思い出しました。

 

 

 

 

その後、精神病を理由に、出向させられるんですよね。

銀行員にとって、出向は片道切符。

 

 

 もう二度と銀行に戻れないことを意味します。

 

 

近藤さんは、統合失調症で最早役に立たない人という烙印を押され、

銀行員にとって最も恐れていた出向を命じられたのです。

 

 

久べえも、うつ病を患ってから、理解ある人もいたのですが、

 うつ病になるおまえが悪い。おまえが弱い。使えねえなぁ

こんなニュアンスの事を言われる事もありました。

 

 

うつ病になる人が悪いって・・・

 

 

 いやいやそういう職場になっている上司にも責任あるでしょ?

 気づいてあげられなかった上司にも責任あるでしょ?

 

 

でもそういうのは、ありませんでした。

 

 

 全ては、うつ病になるやつが悪い。。。

 

 

そんな職場でしたね。

 

 

精神病をケアする産業医にさえ、

 もう辞めたら?』と言われましたし、本当にイヤな思いをしました。

 

 

 サラリーマンは道具じゃないし、1人の人間なんだから、

 意思もあるし考えもあります。

 

 

でも、今の日本の企業って、効率化や人員削減をすすめて、

人材は使い捨てになっていないかなぁと思うんです。

 

 

だから・・・
うつ病になるやつはもういらないとか、

そんな考えになるんです。間違っているよ。そんなの。

 

 

でも、競争に勝つためにはそこまで構ってられないのかなぁ。

だから、人材は使い捨て。失敗は許されない。

 

 

 久べえは、そんな社会に『さよなら』をしました。

 

 

 人と人とのつながりが最も大事。

 失敗してもいいじゃない。

 

 

 うつ病でもいいじゃない。

 自分と向き合って、正直に生きればいいじゃない。

 

 

久べえが稼ぐことによって、今、うつ病で苦しんでいる人の参考に・・・

おこがましいですけど、希望になれればって思うんです。

 

 

 仕事を辞めたくても生活があるから辞められない・・・

 うつ病で、就職ができない。

 希望がもてない・・・

 

 

 そんな人に、久べえの生き様を見せて、

少しでも希望を持って欲しい。

 

 

 うつ病でも、会社いて辞められなくても、就職できなくても・・・

 いいんだよって。

 

 

 こんな生き方もあるんだよって。

 

 

こう思うので、久べえはこれからも稼いでいきます。

いや、稼いでいかなければならない。

 

 

 そして、苦しんでいる人に道を示します。

 

 

なんかいろいろぶちまけてしまったので、

公開するかどうか迷いましたが、記事にさせて頂きました。

 

 

もし何か思うところがあれば、メール頂ければうれしいです。

 

 

 

 

PS

 

 

近藤さんを統合失調症に追い込んだ、

小木曽を半沢直樹が一喝したところはすっきりしました。

 

 

久べえもやりたかった(笑

 

 

次の6話から東京編になるみたいなので、

また一気に見たいと思います。

 

 

PS2

 

 

 もしまだせどりを始めていない・・・

 せどりをやってみたい・・・

 本せどりをやっているが儲けれる事ができない・・・

 

 

 もしそのような状況なら、せどり初心者の道標がオススメです。

 

 

今は、初心者向けの記事を書いたりしていますが、

徐々に、レベルをあげていきます。

 

 

もしまだせどりで稼げていないなら、

早めに、せどりの基礎知識を勉強をしていってくださいね。

 

 

 

 

では最後まで読んで頂きありがとうございました。

lp01


せどりで稼ぐための3つのオススメ教材

せどり初心者の道標
せどりでまず月10万円稼ぐならこれ!初心者必須の知識をまとめました。
せどりネクステ
せどり初心者を脱するにはこれ!ゲームで目指すネクストステージ!
税弱脱出プログラム
初心者にも中級者以上にもオススメ!税金の知識を学んでせどりの利益率改善!